そろそろ復活を。

認知症
10 /02 2014

最後の記事を書いてから早3カ月。

 

7月も結局毎週大阪から名古屋へ行きました。

週2回の時もあり…。全て通院の付き添いの為です。

 

・ホーム入居後に「ものわすれ外来」の受診日があり、それに1回。

・MRIを撮ったら、【脳腫瘍】の疑いがと言われ、違う病院で検査1回。

・その結果を聞きに1回。ちなみに【脳腫瘍】ではなく【脳挫傷】の跡でした。

認知症になってから転んで頭をぶつけたようなのですが、本人は全く覚えていません。

いつの傷跡かわからないが、落ち着いているようなので経過観察しましょうで次回予約して終わりました。

・「ものわすれ外来」の病院に認知症の結果を聞きに1回。

あまりに妄想や幻覚幻視が酷いので「レビー型」を私は疑っていましたが、診断は「アルツハイマー型」でした。前頭葉に脳挫傷の跡があるので、その関係で少し複雑なタイプの認知症かもしれませんと言われました。

・【脳挫傷】の経過観察で1回。

 

計5回の通院付き添い。

いずれも大病院で待ち時間が1~3時間。

義母が転ばないように見張り、止まらない話(妄想系)を聞き、精魂尽き果てました(^_^;)

 

そんなこんなで、今までの疲れが一気に出たのか、

8月に風邪こじらせ、まさかの肺炎発症。

咳で眠れぬ日が1週間。身体がだるくて動けない日々が2週間。

なんとなくまだ調子が悪い日々が1週間。

8月いっぱい、ほとんど寝てたような気がします。

普段、超健康な為、病気の辛さが身に染みました。

健康であることがどれ程有難く幸せな事か。

今は健康維持の為にいろいろ努力しております。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

その後の義母は、ホームでしっかり食べているので血行がよくなり少し太りました。

実家で一人暮らししている時は、コンビニでパンやおにぎりを買って暮らしていたようなのでガリガリで顔色も良くなかったので、この件に関しては一安心です。

好き嫌いの多い義母なので、食べるものが無いのでは…と心配したのですが、認知症で味覚が変わったのかな?

 

また、「帰りたい」という気持ちは今もあるようですが、少しづつ薄くなっています。

 

最初は私が訪問し帰る時には、絶対に一緒についてこよう(家に帰るつもりで)として、かなり困りました。

職員さんにお願いして、なんとか引き離してもらって逃げ帰る始末。

罪悪感(実家で一緒に暮らさずホームに入れた事に)を感じ、義母に会いに行くのがとても辛かったです。

 

今は、ホームの行事にも参加し、お話相手も出来て、前よりは馴染んでくれています。

が、意地悪なおばぁさんが一人いるようで、それだけがどうしても嫌なよう…。

話をきいていると確かに意地悪です。

例えば、義母が食べ終わった食器を配膳室に戻そうとすれば、

 

「そんなの、ここの職員がやるんだから、あんたは何もせんでいいの!!いい子ぶって」

 

みたいに言うらしい。

認知症の義母の言うことなので、どこまでが本当かはわからないのですが、真実なら嫌らしい言い方をする人で、私も聞いていて腹が立ちます。

 

職員さんや他のわかっている入居者の人は、

「気にしなくていいよ」

といって慰めてくれるから、何とかやってると言ってました。

 

職員さんや巡回医さんの事はすごく「いい人ばかり」といって喜んでくれているのでそれが救いです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

まだ空家になった実家をどうするか?等やることはありますが、

そろそろ以前のように暮らし始めたいと思いブログ再開しました。

ちゃんと続くか心配ですが(^▽^;)、

どうぞよろしくお願い致します<(_ _)>

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関連記事



読んで頂いてありがとうございます<(_ _)> ランキング参加してます。

励みになりますので、↓クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ



コメント

非公開コメント

karu*

ハンドメイド・旅・本・食・
無印・かご・北欧モノが好き
鳥小物収集癖あり。
→ミニマリストに変貌中。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...