本州最南端の潮岬・熊野古道の旅 vol.1

 和歌山
07 /31 2013

本州の最南端、和歌山県の潮岬へ行ってきました。

今回の目的は、熊野古道&夏の美鈴『⇒前回の美鈴さん記事はこちら』

 

 

早朝4時に出発し、到着時間は9時前。

愛知県側からだと高速道路が三重県までしかつながっていないので和歌山県(南部)は遠いです。。。今回もオットに運転頑張ってもらいました(^_^;)

 

20130727_085445

■橋杭岩
串本から大島に向かい、約850mの列を成して大小40余りの岩柱がそそり立っています。その規則的な並び方が橋の杭に似ていることからこの名が付きました。海の浸食により岩の硬い部分だけが残り、あたかも橋の杭だけが立っているように見えるこの奇岩には、その昔、弘法大師と天邪鬼が一晩で橋を架ける賭をして、一夜にして立てたという伝説も伝わっています。吉野熊野国立公園地域にあり、国の名勝天然記念物に指定されています。

(串本町HPより)

 

 

 

20130727_091612

■潮岬灯台
明治3年の初点灯以来、100余年もの間、海上交通の要所として沖行く船を照らし続ける、30mの断崖に建つ白亜の灯台で、本州最南端のシンボル的存在だ。イギリス人技師リチャード・H・ブラントン設計によるもので、68段のらせん階段を上り台上に出れば、眼下には太平洋の大海原が広がります。また、灯台下には資料館も併設されています。(高さ19.55m、光度130万カンデラ、光達距離19.0海里) (串本町HPより)

 

 

天気が良かったです。真っ青な空に真っ白な灯台。夏ですね~。

当たり前ですが、暑かった!!!

ちなみにこの灯台は上ることができます。(大人1人200円)

20130727_092040

灯台からの展望。

良いお天気ですが、霞んでおりましたので水平線の丸さを感じることが出来ず…。

 

 

さて、本日は朝食を食べておりません。

夜はボリュームのある美鈴さんのお料理なので、お昼は軽めにと考えた結果、

朝とお昼を一緒に食べてしまおう!となりました。

 

前回と同じく紀伊勝浦で「まぐろ」を食べようか?とも思ったのですが、

この潮岬で「近大まぐろ」が戴けることが判明。それも朝から!

 

先日TVで、グランフロント大阪の近畿大学水産研究所『⇒近畿大学水産研究所』

特集されていました。ものすごい行列店だとか…。

その近大まぐろを養殖しているのがこの近くなんですね。

 

というわけで、地元で食べることが出来る近大まぐろのお店、潮岬観光タワーで早めの昼食を。

 

20130727_095630

20130727_09394520130727_09450520130727_09455220130727_10260820130727_102627

 

近大本マグロのお刺身(ちょっと寂しかったです…)

近大本マグロの…(←名前を忘れました…)

近大本マグロにぎり7貫×2皿(お味噌汁などもついています)

鮪バーガー

ミカンジュース

 

団体さんOK(250名まで)の広~い食堂です。

中途半端な時間だったこともありますが、並ばずにすぐに食べることが出来ました。

近大マグロに興味のある方、空いてますよ~。遠いですけど(^▽^;)

 

 

 

20130727_101355

赤い←の所に今います。

 

20130727_101420

後ろに見えるのが潮岬観光タワー。

 

■望楼の芝生
本州最南端の地、潮岬の先端に広がる約10万㎡の大芝生。その昔、海軍の望楼(物見櫓)があったところで、「太陽の出て没るまで青岬」と山口誓子によってうたわれているように、眼前には緩やかな弧をえがいて太平洋が広がり、地球が丸いことが実感できます。また、隣接する潮岬観光タワーの海抜100m、360度見渡せる展望台は、目の前の青々とした芝生、紺碧の海をはじめ、晴れた日には遠く那智山までが見えます。観光タワーにて、「本州最南端訪問証明書」を発行しています。
冬のある時期、水平線から昇った太陽が同じ水平線上に沈む光景もご覧いただけます。(串本町HPより)

 

 

結局、ものすごく沢山食べてしまったので、腹ごなしの為にも「熊野古道」です。

20130727_13182720130727_13172820130727_13302720130727_142019

今回は、「曽根次郎坂・太郎坂」を歩きました。

『⇒みえ東紀州 熊野古道 伊勢路』

 

古道の石畳も良かったですが、今回は猪垣がすごかった。

 

今でもネットや電子柵で猪や鹿が入ってこないように囲まれていますが、当時はこうやって石垣を作ったのですね…。

 

やっと最終目的地の『⇒紀伊長島 民宿 割烹の宿 美鈴』さんへ到着。

夏に来たのは「赤うに」を食べてみたかったからなんです。

では、さっそく夕食へ…。

 

20130727_18223620130727_18232020130727_18233120130727_18281920130727_18260320130727_18262420130727_18380220130727_18512720130727_18533720130727_19162720130727_19165620130727_19404420130727_19534820130727_19564020130727_20133020130727_203143

 

やどかり、イサキ、からすみ、サザエ…。

そして赤うに!こちらは赤うにが8個分くらい詰められています。

美味しい~。赤うに、もっと食べたい(^▽^;)

 

と今回も新鮮な海の幸を美味しく沢山いただきました。

本当に満足度の高いお宿です。

 

⇒次回に続きます。

 

 

 

読んで頂いてありがとうございます<(_ _)> ランキング参加してます。

 励みになりますので、↓クリックよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング にほんブログ村

関連記事



読んで頂いてありがとうございます<(_ _)> ランキング参加してます。

励みになりますので、↓クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ



コメント

非公開コメント

愛知から和歌山・・・なんてアクティブなご夫婦だ(*´д`*)

海の幸満載ーーーー!おいしそうーーーo(≧▽≦)o
ウニ大好きです、うらやましいわーーー(ジュル)
写真もすっごくきれいに(おいしそうに)撮れてますね~!
猪垣・・・初めて聞いた。渋いです・・・

→じろははさんへ

和歌山なら可愛いほうかも(^_^;)
愛知から島根までいったこともありますよ~。
(ドライバー:オットのみ)

私は自宅から半径5キロ~10キロしか運転出来ない
新手のペーパードライバーですから(^▽^;)

karu*

ハンドメイド・旅・本・食・
無印・かご・北欧モノが好き
鳥小物収集癖あり。
→ミニマリストに変貌中。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...