中馬のおひなさん‐足助の旅

 愛知
02 /24 2013

以前から行ってみたかった足助の「中馬のおひなさん」を見にいってきました。

今年は15回目を迎え、2月9日~3月10日まで開催されています。

中馬のおひなさんー足助観光協会ー

 

20130223_07511620130223_101451

 

江戸時代から明治、大正、昭和、平成と続く足助の町並み。この通りに面して、約140軒の商家や民家に土びなや衣装びなが飾られます。以前紅葉を見に行った香嵐渓の反対側に走る街道沿いが開催地の街道となります。(香嵐渓ー紅葉ライトアッーの記事へ

 

中馬(ちゅうま)街道と言われている、この街道。

「中馬のいわれ」についてパンフレットにはこのような説明がありました。

 

江戸時代に、信州の馬稼ぎ人たちが作った同業者の組合のことで、「賃馬」、「中継馬」が語源と言われていますが、一般には、伊那街道(飯田街道)で物資の運搬に従事した全ての人々のことを指しています。この中馬と呼ばれる人たちが行き来したことから街道は別名『中馬街道』とも呼ばれています。

この中馬のおかげで、街道の中継地点だった足助は、三河湾からの塩、信州からの米やたばこなどの山の産物が集まる交易の町として栄えました。

 

 

20130223_10172620130223_102739

 

和菓屋の両口屋さんで「いちご大福」・足助名物のシシコロッケを買い食い。

 

もちろんお雛様も見て歩きました(^_^;)

20130223_112442

 

こういうのもあります。

20130223_103137

 

 

なんとなく撮りたまった「まねき猫」たち。

20130223_112746

20130223_11301120130223_11310320130223_11322720130223_103552

 

 

カフェがあったり、石焼き芋屋さんがあったり、手作り商品が民家の前で売られていたり…。お雛様を見るだけではなく、ブラブラするのも楽しかったですよ。

 

 

街道を歩いている時に一番気になったのが、コレ↓

20130223_112804

 

お家やお店の軒下に、造り酒屋にある「杉玉」のようにぶら下がっているんです。

かなり大きい!!

 

どうやら足助では「おしめ」(御注連?)といわれているものらしい。

秋祭りの時に、鉄砲隊の方々が火縄銃につけて担ぐとか。
(どうやって担ぐのか???ちょっと不思議です。ほんと大きいんですよ)

そして、鉄砲を打ち終わったあとは、魔除けとして家々の戸口・門などに飾られるとのこと。

 

この「おしめ」がどうやって使われているのか、今度は秋祭りを見に行ってみたくなったのでありました(^▽^;)




読んで頂いてありがとうございます<(_ _)> ランキング参加してます。

 励みになりますので、↓クリックよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事



読んで頂いてありがとうございます<(_ _)> ランキング参加してます。

励みになりますので、↓クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ



コメント

非公開コメント

足助!

こんにちは♪
転勤が決まってから慌ただしくなり、一日24時間じゃ足らないぐらい(笑)
なかなかコメントできていなくてごめんなさい。
でも記事はちゃんと拝見させていただいてます^^
私の母は、足助の出身なんですよ。
香嵐渓からさらに長野寄りの静かなところです。
春にはカタクリの花が美しいので、是非また足を運んでくださいね^^

→takicoさんへ

一番忙しい時期ですよね(;^_^A アセアセ・・・
まだそちらは寒そうですが、
体調には気を付けてくださいね。
(特にストレスが大敵かも…)

足助は比較的近いのでよく行きます!
カタクリも見てきましたよ~。
小さくて可憐でかわいい花でした。
私は福井の水仙が見たいとずっと思っています。

落ち着いたら、ブログUP楽しみにしています(*^-^)

karu*

ハンドメイド・旅・本・食・
無印・かご・北欧モノが好き
鳥小物収集癖あり。
→ミニマリストに変貌中。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...