箒を使ってみて…

もの
02 /20 2013

以前から箒を使ってみたいと思っていました。

というのも、この本を読んで影響されてしまったからなんですが(^_^;)

大平一枝さんの、「もう、ビニール傘は買わない」

(この本のレビューは、次回にしますね)

 

『手ぼうきと掃除機を使い分ける』という章があるのですが、

手ぼうきはめまいがしそうなほどいいことづくめで…と長所が箇条書きになっています。

 

・コンセントがいらない。→掃きたいときにいつでもささっと掃ける。部屋ごとにコンセントを抜き替えに行かなくてもよい。

・軽い

・静か→電気を使わないので音がない。夜でも気軽に掃除ができる。

・場所をとらない。→掃除機のように場所をとらない。平べったくて究極のミニマムなスタイル。キッチンの壁にかけているが一切邪魔にならない。

・自然素材はインテリアに溶け込む。→草でできたものは眼に入っても気にならない。ごつい家電の代表格、掃除機はリビングやキッチンに置くととても浮いた存在だが、手ぼうきは隅にあっても自然。日本の住宅に溶け込む独特の存在感がいい(昭和のドラマや映画、自分の原風景の中にすりこまれた見慣れた風景だから、違和感がないのだろう。)

・絨毯の上も掃ける。

・小回りがきく。→穂先が斜めにカットされていて、先端が鋭角に。先端を使うと階段の隅や部屋の隅、フローリングの板と板の間も掃ける。T字型の掃除機よりずっと小回りがきく。

・汚れた空気をはき出さない。→排気がないので。

・ワックスがけ効果も。→草のもつ天然のアクをたっぷりと含んでいるので、お座敷を掃くとそのアクが畳にうつり、天然のワックスがけをしたような効果が得られるそう。

・畳が傷まない。→穂先が柔らかいので、畳が傷まず長持ちする。

 

…懐古趣味的な感情でお勧めしたいのではなく、現代の住宅に適しているときっぱりと断言できる。日本人に長く愛された生活の道具には、それないの「よい」理由がある。(p.151-153より抜粋)

 

ここまで書かれたら使ってみたくなりませんか?(^▽^;)

 

 

私が使ってみた感想は…

・軽い

・収納が簡単。出しっぱなしでもインテリアになじむ。

・小回りがきく。隅などは掃除機より断然キレイになります。

・汚れた空気をはきださない。

といっても普通に掃いては、ほこりが舞い上がるので茶殻をまいてから掃除。

・畳が傷まない。

・家具が傷まない。

掃除機だと、ガツンとぶつかれば家具に傷が…。

箒は当たっても草なので傷がつきません。

・心が落ち着く。

窓を開けて、静かに箒を掃いていると、なんだか無心になって落ち着く。

掃き清めとはよく言ったものだなぁ。

 

茶殻をまいて掃くので、拭き掃除同様とまではいかないにしても、ちょっとその効果もあり。掃除機をかけた時よりも床の輝きが綺麗です。

 

うちはマキタの掃除機5日、箒1~2日位の割合で床掃除しています。

 

 

 

 

手軽さは、やはり「マキタ掃除機 紙パック式 マキタ 充電式クリーナー CL182FDRFW」のほうが上。普段はこれで十分です。

そして少し余裕のある時ときに箒を利用。キレイになります。

 

箒を使うにあたって、有った方が便利なモノ。

 

・はりみ(紙製のちりとり)と小箒と

【 福は家 】 棕櫚箒用の毛かき [ ブラシ たわし ]

【 福は家 】 棕櫚箒用の毛かき [ ブラシ たわし ]
価格:1,050円(税込、送料別)

 
 

読んで頂いてありがとうございます<(_ _)> ランキング参加してます。

励みになりますので、↓クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村

関連記事



読んで頂いてありがとうございます<(_ _)> ランキング参加してます。

励みになりますので、↓クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ



コメント

非公開コメント

karu*

ハンドメイド・旅・本・食・
無印・かご・北欧モノが好き
鳥小物収集癖あり。
→ミニマリストに変貌中。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...