【バーゲン本】kakoさんのすっきり、心地いい暮らしの作り方

 収納
07 /12 2013

 

商品の説明

内容紹介

累計1000万アクセスの大人気インテリアブログが待望の書籍化! フルタイムで働くkakoさんが、週末にちょこっとずつ、試行錯誤しながら工夫に工夫を重ねて手に入れた「気持ちのいい空間」や「好きな物」。シンプルで快適なインテリア&収納のノウハウと暮らし方のアイディアをたっぷりと紹介します。kakoさんの作り上げた空間には、あなたの生活にもフィードバックできる、暮らしのヒントがたぁくさん隠されているのです。

著者について

夫と娘2人の4人家族。2006年、家の新築をきっかけにブログ「空に近い週末」をスタート。フルタイムで働きながらも、インテリアや収納をはじめとするシンプルライフにこだわりを持ち、そのセンスとアイディアにまたたく間に人気ブログとなった。アクセス数は累計1000万を超える。

(Amazonより引用させていただきました)

 

RIMG0363RIMG0364RIMG0365RIMG0366RIMG0367

 

シンプルにすっきり暮らしたいと改造中の我が家には、「ふむふむ」と

思える記事やマネしてみたい記事もあり、購入してよかったというのが感想。

 

こちら↓のAmazonさんのページには20件のカスタマーデビューがあります。

どうぞそちらも参考に…。

kakoさんのすっきり、心地いい暮らしの作り方―週末ちょこっとずつ・・・ (主婦の友生活シリーズ)

読んで頂いてありがとうございます<(_ _)> ランキング参加してます。

励みになりますので、↓クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

片付け・収納ブログランキング




読んで頂いてありがとうございます<(_ _)> ランキング参加してます。

励みになりますので、↓クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ



収納の本(9)-モノとわかれる!生き方の整理整頓 大塚敦子

 収納
07 /03 2013

久しぶりに収納の本を読んでいます。

 

図書館で借りた少し古い本です。(出版2005年)

 

生活オーガナイザーのテディさんと筆者が出会い、モノに対する考え方が変わっていった過程、実際に行った整理整頓の方法、さらに本当に大切なものは何か、が見えてきたことを綴った本です。

 

心を痛めないモノとのわかれ方=手放し先の情報が巻末にかなり載っています。

情報が古いので現在も活動している団体かどうかは調査が必要ですが、

・中古衣料や生活用品など

・毛布・寝袋・テントなど

・文房具

・本・CD・DVD

・貴金属・携帯電話

・外国コイン・紙幣

・割りばし

・書き損じハガキ、未使用切手

など、細かく寄付先が記載され、

寄付されたモノがどのように使われるかも書かれています。

 

売るのはなんだか、でも捨てられない、というモノの行き先としては、とてもいいかもしれませんね。

 

 

 

気になる言葉をピックアップ。

 

「よけいなものを手放すことは、結局自分自身をケアすることと同じ」いらないものを減らすプロセスは、「自分は、ほんとうはどう生きたいのか」を考えることであり、そこからより満足のいく人生の一歩が始まる。

 

「自然界には、無駄なものは何もない。必要なものが、必要な数だけ保たれている」

 

 

実践編では書類のページが参考になりました。

 

 

≪郵便物の処理≫

・毎日5分~10分、郵便物を開ける時間を作る

・郵便物を開ける場所を決めそこにハサミやレターオープナーも置いておく

・くず籠と紙用リサイクル籠を足元に置き不要なものはどんどん入れていく

・その郵便物をどうするか、開けながら即座に判断すること

・くず籠にもリサイクル籠にも入れなかった残りの郵便物を以下のカテゴリーにわける

  1. 支払するもの
  2. 注文するもの
  3. 処理する必要のあるもの
  4. ファイルするもの
  5. イベント関係(展示会のお知らせとか)
  6. スケジュール関係(エアコン修理の日のお知らせとか)
  7. プロジェクト関係(自分が取り組んでいる何かに関すること)

・どのカテゴリーにも入らなかったものは、もう一度目を通す

 

上記の郵便物の処理は早速試してみたいと思います。

 

 

 

 

読んで頂いてありがとうございます<(_ _)> ランキング参加してます。

励みになりますので、↓クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

片付け・収納ブログランキング




読んで頂いてありがとうございます<(_ _)> ランキング参加してます。

励みになりますので、↓クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ



収納の本(8)-毎日がうまく回り出す1日1収納の法則(2)

 収納
01 /30 2013

昨日、引用で長文になってしまいましたので、本日(2)で書き忘れたことを…。

 

 

 

<ステップ3>に

クローゼット ハンガーは統一しましょう

というのがありました。

見た目、「すっきり」するとのこと。

「確かにそうだなぁ~」と思ってはいましたが、なかなか全てのハンガーを変えるのは大変そう。どうせなら、無印良品のハンガーにしたいし、全部買ったら高額になるなぁと色々考えて躊躇しておりました。

2013-01-30_2234

3本で320円。

クローゼットが小さいのでハンガーの厚さは出来るだけ薄いのが良いので、洗濯用ハンガーです(^▽^;) 型崩れしてほしくないものは「アルミハンガー」や「レッドシダー」とか・・・。さらに高価ですが。。。

 

これまで踏み出せなかった理由が、

 

見える所にハンガーはかけていない。

扉を閉めれば外から見える事はない。

 

の二つ。あくまでも美しく感じるのであって、実用的にはどちらでも問題ないと思っていたからです。

 

ですが、古い雑誌に、

「ハンガーの形を揃えることは、服の収納量を増やすことになる」

とあったのです!バラバラな形のハンガーで収納した場合と、全て同じハンガーにした場合の比較がありました。確かに形が揃っている方が沢山洋服をかけることが出来ました。

 

「そうか!美しく見えるからだけじゃなかったんだ」

と妙に納得。

 

これなら、是非やってみようかな~と無印週間を待つ日々です。

 

→もう一つ書きたいことがありました。また明日に続きます

 

 

 

読んで頂いてありがとうございます<(_ _)> ランキング参加してます。

励みになりますので、↓クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村




読んで頂いてありがとうございます<(_ _)> ランキング参加してます。

励みになりますので、↓クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ



収納の本(7)-毎日がうまく回り出す1日1収納の法則

 収納
01 /29 2013

久しぶりに収納の本を読みました。

こちらの著者:西口理恵子氏も「整理収納アドバイザー1級」の資格をお持ちの方です。

 

以前紹介した、「整理収納アドバイザー公式テキスト/一番わかりやすい整理入門

が、理論編だとすれば、

「毎日がうまく回り出す1日1収納の法則」は理論+実践編とでも言いましょうか…。

 

はじめに

整理収納をすると、良い事がたくさん起こり始めます。

身の回りが整って気分がスッキリするのはもちろんですが、それだけではありません。仕事、お金、恋愛、人間関係など、全てがうまくいくようになるのです。p10

大きな家具はもちろんですが、服一着、紙一枚にいたるまで、物を所有し管理するにはお金も時間もかかります。そのせいで、自分にとって本当に必要な物が手に入っていないのかもしれませんし、本当にやりたいことができていないのかもしれません。整理収納すれば、その全てのストレスや悩みから解放されます。p11

 

紹介しきれないほど、整理収納の本はたくさん読んできましたが、こちらの本も上記のようにモノに支配されないように整理収納をすると「良い事」がおきるという定説の本です。

 

一つの読み物というよりは、ステップをおって整理収納を進めていけるように構成され、1カ所ずつ着実にすすめていけるように非常に見やすい構成になっています。

少し紹介しますと、

 

≪ステップ1≫

  1. 整理収納で生まれる人生の「4つのゆとり」-場所・お金・時間・心
  2. 「適正量」を決めると、必要な物や情報で満たされます-量はひとそれぞれ、把握できるのが適正量
  3. おしゃれも得意になり、自分に自信がつきます-服を分ける 多いアイテムが似合う・お気に入り
  4. 収納するとラクができます
  5. 「イライラしている時は捨て時」です-勢いよく捨てる判断ができる
  6. デスクが片付いていると、重要な仕事を任されます-探す時間ロスがない
  7. 収納で身につく「選択力」で人生もうまくいきます
  8. 「収納=隠す」は間違いです。 「整理収納された快適な家=物が見えないところにしまってあるキレイな家」ではなく「整理収納された快適な家=使いたい物をすぐ使える家」 「1アクション」をするだけで、中に入っている物が全て見渡さるように入れておくことが大切
  9. 「整理収納=捨てる」という考えは捨てましょう 整理収納は「自分にとって快適で心地良い暮らしを作るためのもの」「捨てて必要最低限のモノだけで暮らしをするためのものではない
  10. ペン1本にさえ、愛情を感じ始めます
  11. 幸せになるための「1日1収納」を始めましょう

 

≪ステップ2≫

☆始める前に

  1. 「分ける⇒捨てる⇒収納する」基本プロセスは順番が大切
  2. あらゆる悩みや不満を書き出してみましょう
  3. 目指す部屋のイメージを決めます
  4. 収納は毎日使う場所から始めましょう
  5. 整理収納は「1回30分まで」
  6. 収納する前の写真を撮りましょう -写真は客観的な視点で見る事ができる

 

☆分ける

  1. 整理するものを全て出して広げてみます
  2. 「好き・嫌い」「使う・使わない」4つに分類しましょう-①好きでよく使っているもの②好きだけどほとんど使っていない物③嫌いだけどよく使っているもの④嫌いだしほとんど使っていないもの ①だけが理想ですが、まず④をなくし、①と②と③だけの部屋にする。 そして徐々に②③を①に買い換えて、ストレスのない理想の家に近づける

 

☆捨てる

  1. 「適正量」の正しい決め方
  2. 「捨てる儀式」のすすめ
  3. 「捨てる」以外の処分方法も活用しましょう

 

☆収納する

  1. 全てのモノの「住所」を決めましょう
  2. 基本は「1か所に1種類収納」です
  3. 区切れば区切るほど快適度はアップ
  4. 冠婚葬祭グッズや調味料は「グルーピング収納」
  5. テーブル、カウンター、靴箱の上は飾るもの以外はおきません
  6. 高さのある収納場所の法則
  7. パッケージから出して揃いの容器に移し替える
  8. 1目で全部が見渡せる収納に
  9. 収納グッズを買うときのポイント-サイズ計測、四角

 

というふうに進んでいき最終は4ステップまであり、理論に納得しながら、実際に整理を始められます。

私はこの本を、整理を始めたての頃に読んだのですが、とてもわかりやすかったです。

また、「整理収納アドバイザー2級」の講習の復習としても良い本だと思います。

 

 

読んで頂いてありがとうございます<(_ _)> ランキング参加してます。

励みになりますので、↓クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村




読んで頂いてありがとうございます<(_ _)> ランキング参加してます。

励みになりますので、↓クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ



収納の本(6)-お部屋も心もすっきりする持たない暮らし

 収納
12 /21 2012

先日紹介した「ガラクタ捨てれば自分が見える」は、ひたすらに捨てたい衝動に駆られる本でした。それは今でも変わりません。読んだ直後は、ゴミ袋が量産され、収集場所まで何往復したことか(^_^;)

 

でも、今現在、捨てた分、いやそれ以上のモノで家が溢れています…。

だってこれまでと同じ暮らし方をしていたのですから、当然ですよね。徐々に徐々に増えていきました。気が付いたら手の付けようがないほど…。ここで捨てモードが全開されても、きっとまたもとに戻るのが目に見えています。

 

そんな暮らしを変えよう!という きっかけ を与えてくれた本が、

 

「お部屋も心もすっきりする持たない暮らし 著者:金子由紀子」

 

好きなモノ、必要なモノ以外のモノを排除し、モノからの支配を脱出する。

そして、すっきりシンプルな暮らしを手に入れる為の本です。

押しつけがましい所もなく、すっと読め、すっと心に入ってきます。

 

読み終えた後は、モノに対する価値観がかわっていました。

読み終えてからは、衝動買いは全くしなくなりました。

 

あ、この本最初は図書館で借りたんですが、どうしても欲しくなって買っちゃいました。これは衝動買いじゃないと思います(^_^;)

 

捨て終えて、整理が全て終わって、そして「持たない暮らし」を始めることが出来た時、私の本当の暮らしが出来るんじゃないかと期待しています。



読んで頂いてありがとうございます<(_ _)> ランキング参加してます。
励みになりますので、↓クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村




読んで頂いてありがとうございます<(_ _)> ランキング参加してます。

励みになりますので、↓クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ



収納の本(5)-ガラクタ捨てれば自分が見える

 収納
12 /20 2012

実は、泥棒に入られたことがあります。前の転勤地での話です。

少し前に東京板橋でおきた強盗殺人事件があった所の近くです。あまり治安のいい土地じゃなかったんです…。当時住んでいた賃貸マンションが狙われ、同じマンション内で3軒の部屋で盗難がありました。うちはその中の1軒でした。

 

その当時は、フルタイムで働いており残業も多く、家事はほんとうに疎かになっていました。家の中に不燃ゴミ溜まり(生ごみじゃないですよ(^_^;))があり、その近くに引き出すロールが壊れた引出がありました。それを見るたびに「直さなきゃ、直さなきゃ」となんとなく重~い気持ちでみていたんですね。そんな引出ですが通帳とか大事なものが収納されていました。

 

その引出の中身だけが、盗まれていました。

 

警察に行ったり、銀行や郵便局、郵政局など色々行って手続きをして、ほとほと疲れ果てていました。その時になんとなく出会った本が、

 

ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)

 

占いや風水は全く興味がないのですが、Amazonで見た書評がすごく高くて、一度読んでみようかなと読み始めたんですね。とにかく、散らかった状態をなんとかしたかったので…。

この本の中に、「風水定位盤テスト」というのがあり、家のどの部分が何を司っているかがわかるテストがあります。簡単だったので間取り図とその定位盤を合わせてみたら、壊れた引出や不要なモノが置かれた場所を司っていたのが『財産』だったんですね。盗まれたものは財産。不思議な体験でした。風水は未だ興味なしですが、この本は単純にすごいと思っています。

 

自分の置かれた状況も状況でしたが、『モノを捨てよう』と一番強く思えた本です。

整理するとかしないとかより、とにかくモノが捨てたくなります。

何度も読みなおしした本です。ただ18章以降は、身体・心とスピリチュアル系のお話になるので読んでいないのですが(*^-^)

 

題名にまどわされず、『モノが捨てたい』だけの人でも読むことをおススメしたい本です。

 

読んで頂いてありがとうございます<(_ _)> ランキング参加してます。

励みになりますので、↓クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村




読んで頂いてありがとうございます<(_ _)> ランキング参加してます。

励みになりますので、↓クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ



収納の本(4)-狭くても、あきらめなくていい収納のルール

 収納
12 /19 2012

今年の転勤はありませんでした。気持ちが超すっきり!!です。

転勤があるかも?と思うと何をするにも中途半端。片付けもそうですが、来年の予定なども全く決められませんでした。

 

さぁ、残された1年、やることがいっぱいです♪

 

もともとインテリア雑誌は大好きでした。こんな家にしたいという願望はありつつも、なかなか実現しない。

 

ていねいに暮らしたいと思いつつも、散らかった部屋を見回すと、「先に片付けないと」という思いから料理も掃除も中途半端。

 

片付けても、しばらくすると元通り。今思えば片付けるというより、見えない場所に放り込むことで満足していたんですね。そんな私がある日手に取った本が、

 

狭くても、あきらめなくていい収納のルール

二人暮らしで55㎡なのでそれ程狭いわけではありませんが、うちより狭いお家に住んでいるのに、みんな“すっきり”しているんです。掲載されている方の何人かが「整理収納アドバイザー」の方でした。そんな資格があることも知らなかった私ですが、とても興味を持ったので、公式テキストを購入してみました。

 

整理収納アドバイザー公式テキスト 一番わかりやすい整理入門 【第3版】

 

これはお宅訪問の写真掲載…といった本ではなく、理論書でした。『整理』というものがどういうものか、『整理』するとしないではどれだけ人生に違いがあるか、といったことが文章で書かれています。(わかりやすい図解もあります)

 

これを読んで、今までの片付け方が間違っていたことがよくわかりました。もっと勉強したくて「整理収納アドバイザー2級」の講習を受けて、2級を取得。
DSC00720.jpg
次は1級の講習会を申込み、夏にある試験(テスト&プレゼン)に向けて、自分の家で理論を実践しているところです。盛大にやりたかったのですが、転勤が決まったら途中でエライことになってしまう(部屋モノで崩壊)…と思って二の足を踏んでいました。

 

その間に色々な収納整理の本を読み漁って自分に向いている方法が、少しずつわかってきたので、足枷が取れた今、本格的に実践していきます!

 

転勤は無かったけれど、段ボール買わなきゃ…。(←?)

 

読んで頂いてありがとうございます<(_ _)> ランキング参加してます。

 励みになりますので、↓クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村




読んで頂いてありがとうございます<(_ _)> ランキング参加してます。

励みになりますので、↓クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ



収納の本(3)-日経WOMAN 2011.9月号

 収納
11 /20 2012

今日読んだのは、ちょっと古い本。

図書館で気になる見出しだったので借りてみました。

「断捨離」一大ブームがおきた時の特集でした。

 

 

その当時は「へぇ~こんなブームが・・・」ぐらいにしか考えてなかったので、

恥ずかしながら今色々本を読んでいる次第です。

 

こちらの雑誌で印象に残った言葉。

 

1・「スッキリ部屋」が脳とココロに効く理由

住空間の物理的なゆとりと、心のゆとりは関係性がある。物理的な空間ができると、心にも空間が生まれ、エネルギーが湧いてくる 明治大学教授-諸富祥彦氏

 

2・脳内で情報処理を行うワーキングメモリーの容量には限度があります。嫌なことや気になることがあると、それだけ容量を食われてしまう。部屋が汚れていて、きれいにしなきゃと思っていると、その考えがワーキングメモリーの容量の一部を占拠している状態が続きます  諏訪東京理科大学教授 篠原菊紀氏

 

 

1・常に片づけなきゃ・・・と思っていると、新しい事が始めにくい。何かやりたいと思っても「ここ片づけてから・・・」と自制がかかります。やはりすっきりしない部屋は心も脳も停滞するのですね。

 

2・私のワーキングメモリーが最大に無駄に使用されるのは、探し物がみつからない時です。

どうしても見つからない大事なモノがあると、もう頭の中はそのことでいっぱいいっぱい。会社に行っても気になって気になって集中力が全く無い状態。経験あります(;^_^A アセアセ・・・

すっきりした部屋で、全てのモノの定位置がしっかり決まっていれば、こんなことは絶対におこらないですよね。

 

明日も「すっきり暮らすために・・・」頑張ろう。

 

 

読んで頂いてありがとうございます<(_ _)> ランキング参加してます。

 励みになりますので、↓クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村




読んで頂いてありがとうございます<(_ _)> ランキング参加してます。

励みになりますので、↓クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ



収納の本(2)-ドイツがお手本 シンプル収納・片づけノート

 収納
10 /25 2012

頭をすっきりするために、今日は図書館で

「ドイツがお手本 シンプル収納・片づけノート/ジョルニ特別編集」

を借りてきました。


シンプル収納・片づけノートシンプル収納・片づけノート
(2010/12/11)
giorni編集部

商品詳細を見る


 

 

 

図書館へ行くと、本好きの私は、あれこれ手を出してしまって気が付くと半日終了・・・。

とかよくあります。

 

朝ごはんを食べて9時半に着いて、

「なんだかお腹空いたなぁ~」と思って、時計をみれば12時前。

時計を見て余計に、お腹が空いたのか・・・

 

「ぐぅ~~~~」

 

あの静かな環境の中、私の腹の虫が大音響で鳴り響きました(泣)

恥ずかしすぎる・・・。

あまりにも恥ずかしくて、借りることもせず速攻出ていきました。。

 

というようなこともあり、最近はネットで予約して、

入口でドサッと受け取り、速攻立ち去るようにしています。

 

なのでタイトルのみで決めていますので、ほとんど乱読状態。。

 

今日読んだこの本は、ドイツ人と日本人のハーフの門倉多仁亜さんの

「エコでおしゃれで合理的 一生モノの家事術」という内容。

 

収納写真はそれほど多くありません。

またお家の面積がうちと比べると、とても大きいので、あまり参考になりませんでした。

「東京の賃貸で90平方メートル・・・」ということです。うちは半分ちょっと(^_^;)

キッチンには何も外に出ておらず、超~すっきりしてますが、それだけ広いと収められるな。

と思ったり・・・。

 

ですがドイツ人のお母さんの毎日の暮らし(それを引き継ぐ門倉さんの暮らし)は、

そうそう、そのほうが絶対いい!と思えることは満載でした。

 

ドイツのことわざが随所に掲載されているのですが、

・考えないで何かを始めると、余計に足を使う

・整理整頓を覚えなさい。そして好きになりなさい。それは時間と手間を節約してくれます

・怠惰な人は、明日、明日と言って、今日とだけは言わない

・少ないほうが、多い

・時間があるときまで、待ってはいけない                                          

はい、実行します。

 

また、「すっきりルール」なるものも掲載されていましたので、最後に紹介しますね。

1.家にいる時間を、何より大切に

2.空間に合わせて、物を整理する

3.家の中にあるのは、そのとき使っているものだけ






読んで頂いてありがとうございます<(_ _)> ランキング参加してます。
励みになりますので、よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村




読んで頂いてありがとうございます<(_ _)> ランキング参加してます。

励みになりますので、↓クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ



収納の本(1)-「捨てられない人」のシンプル収納術

 収納
10 /14 2012
最近、収納術の本を読むのがマイブームです。

こちらの本は1円だった為、ついつい購入してしまいました。
こうやって物が増えていくのであります(;^_^A アセアセ・・・

この本は、

第1章 収納の決め手は「IN STOCK OUT」の黄金バランス
第2章 IN 「もの」を家の中に持ち込むときに考えること
第3章 STOCK 「もの」には適材適所があるのです
第4章 OUT 「捨てられない」を克服する方法
第5章 スッキリ快適に暮らすための「IN STOCK OUT」の考え方

という構成になっています。

この各章の題目だけで、どのような本かわかっていただけるかと…。
何冊も収納本を読んでいるので、取り立てて新しい情報はありませんでしたが、
王道を読みやすく書かれている本だと思いました。

「ものと向き合う」ということに重点がおかれています。
なにか家の中にIN(物を買う)する時に、

「本当に必要なの?本当に欲しいの?置く場所はある?そのために何か捨てなくちゃならない?それは捨てても大丈夫なの?」


と1回1回問いかけをしてくださいとありました。早速実行してみようと思います。

そして今日決めたこと。
本はまず図書館で借りよう!!
です。徒歩10分以内にあるのに、利用していない…。
勿体ないですよね。

「捨てられない人」のシンプル収納術

中古価格
¥1から
(2012/10/14 21:23時点)



読んで頂いてありがとうございます<(_ _)>
ランキング参加してます。励みになりますので、よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村



読んで頂いてありがとうございます<(_ _)> ランキング参加してます。

励みになりますので、↓クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ



karu*

ハンドメイド・旅・本・食・
無印・かご・北欧モノが好き
鳥小物収集癖あり。
→ミニマリストに変貌中。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...